コーヒーに合うミルク

アイスカフェラテ 技術

今回のテーマはコーヒーに合わせる「ミルク」です。

牛乳の選び方や、生クリームの使い方。
豆乳、アーモンドミルク、オーツミルクといった植物性ミルクは作り方も紹介しますよ。

牛乳

まずは大定番の牛乳です。
コーヒーの焙煎度によって牛乳を使い分けるのがおすすめ。

深煎りコーヒー:乳脂肪分の多い牛乳

深煎りコーヒーに合わせるなら、乳脂肪分の多い牛乳がおすすめです。

深煎りコーヒーはどうしても苦味がキツくなりますが、高脂肪の牛乳はそれをまろやかに包んでくれます。
さらに、深煎りコーヒーの苦味と高脂肪牛乳のコクはともに強く、お互いに負けません。

浅煎りコーヒー:乳脂肪分の少ない牛乳

浅煎りコーヒーの優しい味わいのコーヒーと合わせる場合、牛乳の乳脂肪分があまり多すぎるとコーヒーの風味を隠してしまいます。
牛乳が主役でもそれはそれで美味しいとは思いますが、浅煎りコーヒーを主役にするなら、乳脂肪分はほどほどのものを選ぶのがベターでしょう。

生クリーム

生クリームって牛乳とは違うの? と思うかもしれませんね。

そう、違うのです。
クリームは生乳の乳脂肪分濃度を高めた(乳脂肪分以外の成分を減らした)ものです。

非常に濃厚なため、コーヒーの味わいも残すには生クリームは少量にします。

ただし、固めにホイップした生クリームを乗せたウィンナーコーヒー、という選択肢もあります。
その場合、飲み始めの頃はコーヒーと生クリームが完全には混ざり難いため、コーヒーの味わいを残すことができます。

ウィンナーコーヒー

コーヒーフレッシュ(コーヒーミルク・ポーションミルク)

ド定番のコーヒーフレッシュ(呼び方は地域によって違うようですね)は最適なものを選ぶのが難しいミルクです。
動物性だったり、植物性だったり、それらが混ざっていたりと、実はかなり多様だからです。

よく見るものは植物性油脂を使用したもので、あっさりとしています。

一方、中には、動物性油脂を使用した製品もあり、深煎りコーヒーの強い味にも負けない深いコクがあります。

豆乳

植物性ミルクの代表格といえば豆乳です。
動物性とはまた違った濃厚な味わいの豆乳はコーヒーともよく合います。

ソイラテなどの名前で、豆乳を使ったコーヒー(カフェラテ・カフェオレ)はお店のメニューでもよく見かけますよね。

下記の手順で、意外に簡単に自作することもできます。

  1. 大豆を一晩水に浸す
  2. 大豆と水をミキサーにかける
  3. 鍋に移し、弱火で10分程度煮る
  4. 濾し袋にあけ、絞る

搾りかす(おから)は、料理やお菓子作りなどに使えば無駄になりません。

アーモンドミルク

アーモンドミルクは香ばしく、また、動物性ミルクと比べるとあっさりしています。
このあっさりとした爽やかな味わいを楽しむため、個人的にはアーモンドミルクを使ったカフェラテはアイス(アイスクリームじゃないですよ)で楽しむことをおすすめします。

個人的には植物性ミルクの中ではアーモンドミルクが1番好きで、よく自作します。

  1. アーモンドを一晩水に浸す
  2. ”新しい水に変えて” アーモンドをミキサーにかける
  3. 濾し袋にあけ、絞る
アーモンドミルク作り

私がよくアーモンドミルク作りに使っている上写真のミキサーは古すぎてもう売られていないようなので、代わりに「次に買うならこういうのかな」という製品のリンクを貼っておきます(他にも良い製品を見つけたらこの記事で紹介しますね)。

アーモンドミルク作りで重要なことがあります。
ミキサーにかける前に、一晩浸した水から新しい水に変えるのを忘れないでください。
これは、アーモンドに含まれる「酵素抑制物質」(消化酵素の抑制により消化不良の原因になり得る)が浸した水に溶け出すからです。

また、豆乳のように鍋で煮たりはしません。

搾りかす(濾し取ったアーモンドの粉)は、お菓子作りなどに使えば無駄になりません。
アーモンドたっぷりのクッキーや、タルトカップに入れて焼くアーモンドクリームなど、使い道は様々です。

クッキー

オーツミルク

オーツミルクはオートミール(オーツ麦)を使って作ったミルク(っぽい飲料)で、動物性ミルクと比べるとあっさりしています。

メープルシロップなどで少々甘味を加えても美味しいですよね。

作り方は先述のアーモンドミルクに似ていますが、一晩浸した水から新しい水に変える必要がない点が違います。

  1. オートミールを一晩水に浸す
  2. オートミールと水をミキサーにかける
  3. 濾し袋にあけ、絞る

オーツミルクの場合も、搾りかす(濾し取ったオートミールの粉)はお菓子作りなどに使えます。

最後に

最後まで読んで頂いてありがとうございました。
お気に入りのミルクを見つけて、コーヒーブレイクをより充実させましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました