コーヒー豆の保存容器に一工夫[密閉ビン+ポリ袋]

密閉ビン+ポリ袋+焙煎豆 技術

コーヒー豆を如何にうまく保存するか。
これはコーヒー好きの永遠の課題ですよね。

今回は、コーヒー豆保存用の密閉ビンに一工夫してみた、というお話です。

キャニスターが1つで足りるのなら、「一工夫」なんて言わずに、それなりの金額でしかし高性能なキャニスター(これも最後にまとめます)を購入します……が、1つじゃ足りない場合もありますよね?
私の場合、最低でも4つ、場合によってはもっと欲しいです。
そんなわけで、あまりお金をかけずにより良く保存できる方法を考えました。

密閉ビン+ポリ袋

私はコーヒー豆の保存にル・パルフェ(Le Parfait)の密閉ビンを使っています。

高い密閉性を誇りますが、フタを開ける度に新しい空気が入り、また香り成分は少しずつ揮発していくでしょう。
それがどうも気になるんですよね。

それで、最近これを足してみました。

ポリ袋です。
これをビンの中に入れて、その中に焙煎豆を入れます。

密閉ビン+ポリ袋+焙煎豆

新鮮な(?)空気が簡単に豆に触れないように、あえて高さのある袋を選んでいます。
この長い袋の口をクルクルと巻いてビンの中に収めて、ビンの蓋を閉めます。

袋の口を巻く

現状かなり劣化を防げている印象を受けていますが、今後も試して様子を見ようと思います。

フタを閉じる

真空キャニスター

先述したように、今回の主なテーマは、一工夫することであまりお金をかけずにより良く保存することができないか、というものです。

しかし、最後に、お金をかけられるなら(あるいは1つ買うだけで良ければ)、どんなキャニスターがあるのか、というのもまとめておきます。
欲しいですねぇ (*'▽')
今は密閉ビンとポリ袋を使っていますが、ここで挙げる製品の購入も検討しているため、買ったら試して報告しますね。

Fellow Atmos

Fellowは、注目を集めるコーヒー器具メーカーです。
有名なのはドリップポットやケトルかもしれませんが、キャニスターも扱っています。

フタを回すと空気が抜けていき、真空に近い状態で豆を保存できます。
しっかり密閉され、フタのボタンを押して空気を入れてからでないとフタを開けられないほどです。

お店で試す機会を頂いてから、かなり気になっています。
「真空になるとコーヒー豆内のガスを吸い出してしまうのでは?」と尋ねました。
そのお店の方もそれを心配して試したとのことですが、特にそれは感じないとのこと。
かなり欲しいです。

Prepara Evak

PreparaのEvakは有名ですよね。
フタをコーヒー豆上部ギリギリまで押し下げることで、豆の劣化を防ぐキャニスターです。
空気に触れさせずに保存したければ、確かにこういう方式もありますよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました