エチオピア[コーヒー豆産地]

エチオピア コーヒー豆

私の大好きなエチオピアコーヒーを紹介します。

どんな国?

エチオピアはアフリカ東部の国家です。
コーヒーの木の原産国であり、コーヒーを摂取する文化の発祥の地でもあります。

アフリカ内1位のコーヒー豆生産量を誇ります。

地図

エチオピアは有数のコーヒー輸出国である一方、国内でも多くのコーヒーが消費されています。
生産国なら当たり前と思うかもしれませんが、コーヒーのほとんどを輸出して国内消費しない国は意外に多いのです。

とはいえ、コーヒーを初めて食品としたのは彼らの祖先。
その子孫の彼らがコーヒーを飲用するのは順当なことではありますね。

湯沸かし(エチオピア)

エチオピア内各産地

イルガチェフェは非常に有名なコーヒー産地です。

なお、エチオピアの地名はカタカナ表記するとやたら表記ゆれしますので、少し違う表記がされていることも多いです。イルガチャフィ、イルガチェフなどですね。

グジやハラールのコーヒーも有名です。

現地の暮らし

ブランド

コーヒーは「生産地名」で呼ばれる場合が多いですが、以下のようなブランド名で呼ばれることもあります。

モカ

イエメンのモカ港から輸出されたコーヒーを「モカ」と呼んだことが「モカ」ブランドの始まりです。
イエメン産だけでなくエチオピア産のコーヒー豆もモカ港から輸出していたことから、どちらの国で生産されていても「モカ」と呼びます。

なお、カフェモカ(チョコレートシロップ入りカフェラテ)は、風味を「モカ」に似せたからカフェモカと名付けられただけで「モカ」を使ったカフェラテをカフェモカと呼ぶわけではありません。
正直な話、カフェモカはさほど「モカ」っぽくない気がしますが、「モカ」の風味が特別なものとして認知されていたことの証左でしょう。

シダモ

「シダモ」とは、シダマ(Sidama;シダモ[Sidamo]とも)州周辺で採れたコーヒー豆に付けられるブランド名です。

ここでいう「シダマ州周辺」は、ほぼ「昔のシダマ州」と解釈できそうです。
現在のシダマ州は州(Region)にしては小さな区画ですが、かつてはより広かったようです。
その後シダマ州(Region)からシダモ県(Zone)に変わるとともに多くの土地の所属が別の州に移り、その後シダマ州に戻ったけれど別の州に移ったままの土地も多くて……といったことが起きた結果として、現在のシダマ州産ではないのに「シダモ」ブランドというコーヒーも存在するのだとか。

風景

コーヒー豆

エチオピアのコーヒーといえばエチオピア原種、つまり品種改良していないコーヒーです(だからといって自生しているものばかりではなく、農家さんが植えたものもあるでしょうけれど)。
3000種を超えるエチオピア原種があるのだとか。
高値で落札され一躍有名になった「ゲイシャ」も、有名にしたのは中米のパナマですが、原産国はエチオピアです。

エチオピアには小規模な農家が多く、自宅の庭や山で収穫されたコーヒーチェリーを複数の農家が1つの精製所に持ち込み、種(コーヒー豆)を取り出した後にグレード分けし輸出、というケースが多いようです。

一方で、どこの農園で採れたかしっかりトレースできるコーヒーもあります。

風景

味/香り

エチオピアのコーヒーは華やかで、心地よい果実感があります。
浅煎りでは、花を思わせる上品な香りと、果実のような柔らかな酸味や爽やかな甘さを楽しめます。
深煎りでは、南国の花を思わせる艶のある甘さと香りを楽しめます。

同じ豆の焙煎度違いを試してみてはいかがでしょうか(下記リンクの上:浅煎り、下:深煎り)。

特徴的な味わいですので、いつもと違うコーヒーを飲みたい方はもちろん、これまでコーヒーに馴染みのなかった方や苦手意識のある方にも是非1度飲んで頂きたいコーヒーです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました